menu-9.jpg

中南米の旅行記 No.08 フィヨルド内での昼食


IMG_8450-rcs.jpgIMG_8450-rcs.jpg


早朝に出発して、曇、雨、雪、晴とめまぐるしく変わる天気の中、
美しいフィヨルド観光を終えようとする頃、
船がフィヨルド内に三角州のように広がる土地に向かった。

近づくにつれいくつかの建物と桟橋が見えてきた。
その建物の一軒がレストランでそこで昼食をとるのだという。
大自然の真っ只中のレストランでの食事。
どんなメニューなんだろうと興味がわいた。

船が桟橋に横付けされると乗客がレストランに向かって歩き始めた。
立ち止まって周囲に目をやると、
雪をいただく山々、フィヨルドの海、など、
雄大な自然に囲まれた素晴らしい場所であることを改めて感じた。

レストランに入って席に着くと、
ワインがグラスにつがれ温かいスープが振る舞われた。
フィヨルド観光ですっかり冷えきった体になによりの料理だった。

その後グリーンサラダが配られ、
メインの骨付き牛肉とソーセージのロースト、茹でたジャガイモが運び込まれた。

骨付き牛肉といってもザクザクと切ったような肉の塊で、
それを塩と胡椒でシンプルに料理してもので、
まさに肉の味がする美味しいものだった。

私は、粗挽きのソーセージと肉の塊を一つずついただくと満腹になった。
しかし、乗客の中にはこれを2つ3つを食べる者がいて、
いつも肉を食べている国の人は違うなと思いつつ驚いた。

1時間半程で食事を終えて船に戻った。
後で、建物の一部がホテルになっていて夏は宿泊が可能だと聞き、
機会があったら是非泊まってみたいものだと思いつつ帰路についた。

IMG_8436-rcs.jpgIMG_8436-rcs.jpg

IMG_8438-rcs.jpgIMG_8438-rcs.jpg

IMG_8447-rcs.jpgIMG_8447-rcs.jpg

IMG_8442-rcs.jpgIMG_8442-rcs.jpg

IMG_8441-rcs.jpgIMG_8441-rcs.jpg

IMG_8443-rcs.jpgIMG_8443-rcs.jpg

IMG_8446-rcs.jpgIMG_8446-rcs.jpg

IMG_8457-rcs.jpgIMG_8457-rcs.jpg

IMG_8460-rcs.jpgIMG_8460-rcs.jpg

IMG_8453-rcs.jpgIMG_8453-rcs.jpg

IMG_8456-rcs.jpgIMG_8456-rcs.jpg

IMG_8467-rcs.jpgIMG_8467-rcs.jpg

     美しいフィヨルド内に三角州のように広がる土地の一角にレストランがあった。