新製品とニュース

マットクロコダイルの長財布 PR26
http://www.nobunoza.com/pg234.html

IMG_0648-rcs.jpgIMG_0648-rcs.jpg IMG_0655-rcs.jpgIMG_0655-rcs.jpg

これから 銀座nobunoza の商品を1点ずつシリーズでご紹介していこうと考えました。
商品を仕入れて販売しようと思った理由、商品のポイントなどなど、
商品をご理解いただく上で参考になればと思います。
是非、お読みください。

・この商品を仕入れようと思った理由
 マットクロコダイルの長財布を発注しようとした時、
 この革小物メーカーの社長が、少し待っていてといって素材置き場から1枚のマットクロコを持って来て、
 「これはスペシャルなんだ」言って私に渡してくれました。

 渡されてその手触りに驚きました。
 詳しくは下記に書きましたが、その場でその素材を使った長財布を発注しました。

・どこがこの商品のポイントか
 まずは素材です。
 素材についてのところで詳しく書きましたが、
 使っていくとしなやかさが増し、ツヤや色の深みが増してきます。
 とにかく素晴らしい素材です。

 表と内側ともクロコ素材を使っています。
 価格を抑えるため内側を牛革にする製品が多い中、贅沢に素材を使って作っています。
 内張りもシルク素材を使っています。

 製品の仕上げがとてもよいことです。
 細部の磨き仕上げなど端々まで丁寧に仕上げられています。

・素材について
 手に取っただけでこの素材の品質が分かると思います。
 私はこのマットクロコダイルを手に取るまで、
 以前にマットクロコのバッグを作った経験からマットクロコは少し硬いというイメージを持っていました。

 しかしこのマットクロコは表面がなめらかでつるつるしています。
 そしてしなやか、「なんだこの素材は」と驚きました。
 このバッグメーカーの社長は、特別のなめし方法を使っている素材で、素晴らしいものだと言いました。
 確かにその通りだと思います。

 またお使いいただいているお客様の品物を見せていただくと、ソフトさが増し、ツヤが出て色の深みが出ています。
 改めて素晴らしい素材だと思っています。

・どんなメーカーで作っているか
 取り引きが始まって5年ほどですが、製品を通じては30年ほどになります。
 きっかけは、取り引きのあったバッグメーカーの社長に紹介されたことで、
 初めて工場を訪れ製品を展示してあるのショールームに入った時は、
 知ってる製品ばかりで「ここで作っていたのか」とびっくりしました。
 社長も私が20年以上使ってるという彼の製品見て驚いていました。

 数々の有名ブランドの革小物を手掛けるこのメーカーは、
 従業員が15名くらいで、職人一人二人で作っていることの多い革小物メーカーの中では、
 中堅という規模だと思います。

 製品のクオリティーは、最高級の1つだと思います。
 とにかく仕事が丁寧で隅々まで仕事がされていて、製品がとてもきれいです。
 素材も最高級素材が使われています。

・カラー展開 こげ茶の1色です。

・サイズは、17x9cmです。

・重さ 78g

・価格は、消費税込みで ¥255,000-です。

・メインテナンスや修理について
 このマットクロコは使っていくだけでツヤが出ます。
 特に必要はありません。

・お使いいただいているお客様からの声
 使うと驚くくらいツヤと色の深みが出てきます。
 柔らかさも増し使った方がどんどん良くなる感じです。というご意見をいただきます。

下記がこの商品のページです、どうぞご覧ください。
http://www.nobunoza.com/pg234.html

*ご予約も可能です。
 お電話(03-3567-1171)又はメール(info@nobunoza.com)でご注文ください。
*画像は、クリックすると拡大画像を見ることができます。