menu-2.jpg


Antico Setificio Fiorentino s.r.l.


アンティコ・セチフィチョ・フィオレンティーノ社は、
1786年創業というシルク織物の世界的に有名な会社です。

工場は、フィレンツェ中央駅から
アルノ川を越えて徒歩20分の所に在り、
周辺は、長い歴史を感じるたたずまいです。

工場の中に一歩入ると、中世から受け継がれた
伝統を肌で感じることができます。

先年、世界中からただ一社、
請われてモスクワ・クレムリンの広大な一室の改修工事のため
カーテン・壁・椅子の生地を製作しました。

また、日本の数多くの雑誌やテレビ局に、
古き良きイタリアの伝統工芸を受け継ぐ
代表的な会社として紹介されています。

ほとんどの工程が熟練工による手作業で、
レオナルド・ダビンチが設計したという道具がいまでも使われています。

この会社のショールームは、
世界中から訪れるインテリアデザイナーの涎垂の場所で、
製品が想像力を掻き立てるのか、
何日もここに籠もり自身の顧客の要求に応えるべく
職人と打合せを繰り返しながら仕様を決定し発注しています。
それらさまざまな要求にこの会社は応え続けています。

nobunozaでは、この会社の製品を
トラベルバッグの素材として使用しています。

ここの厚手の生地は、本来カーテンやイスの生地に利用されるもので
丈夫で耐久性がありバッグ素材として適したものです。

IMG_0291-s.jpgIMG_0291-s.jpg


Img_0292-2.jpgImg_0292-2.jpg


IMG_0306-s.jpgIMG_0306-s.jpg


IMG_0295-s.jpgIMG_0295-s.jpg